ステージパフォーマンス

第28回野遊祭をステージで盛り上げてくれる皆さんです!

アムリッタ・ダンス・カンパニー

 主宰の福田麻紀は1987年より、南インド古典舞踊の巨匠C.V.チャンドラシェーカー氏に師事し、伝統を重んじる古典舞踊の技法と精神性を学ぶ。
関西を中心に日本各地、インド、韓国、カナダなどで公演活動。
 朝日カルチャーセンター、鶴橋P’SPOT14、なんばパークス内JEUGIAカルチャーなどでも後進の育成にも力を注いでいる。

演目:南インド古典舞踊 バラタナティヤム
 バラタ:インドの、ナーティヤム:舞踊、と言う名前のインドでは最も古いと言われる古典舞踊。南インドのヒンドゥー教の寺院でデヴァダシと呼ばれる巫女が、朝夕の勤行の供物として、神々に捧げていた舞踊から発展しました。動きと形は力強く直線的かつ厳格で、豊かな表現で優美に踊られます。

 

 

 

 

関西学院大学公認サークルKG☆Capoeira

演目:カポエイラ
 皆さん、「カポエイラ」ってご存知ですか?カポエイラとは、ブラジルの奴隷達が練習していた格闘技と音楽、ダンスの要素が合わさったブラジルの文化です。ただ格闘技とは言っても、実際に戦ったり勝ち負けを競ったりというものではありません。みんなで歌って踊る、脚技中心の楽しい格闘技です。日本においてあまり聞き慣れないこのカポエイラですが、実はブレイクダンスにも影響を与えています。蹴り技の合間にアクロバットをして周りを沸かせたり、頭で回ったり…と、ブレイクダンスに少し似ています。またマクレレと呼ばれる、木の棒を使って楽しむものもあり、盛り上がること間違いなしです!ぜひ私たちKG☆Capoeiraを楽しんでいってください!

 

 

 

 

チームポンゴンズ

 チームポンゴンズは不定期ですが土曜日に集まり韓国伝統楽器の練習や交流会などを行っています。メンバーは中学生から社会人までと幅広く、みんなで仲良く、楽しく活動しています。韓国の伝統楽器に興味のある方、演奏したい方、是非私達と一緒に活動してみませんか?見学や体験なども出来ますので、気軽にお声掛け下さい。野遊祭では朝鮮半島に伝わる農学という伝統芸能を披露します。
演目:韓国打楽器演奏農学(ノンアッ)

 

 

 

 


八尾市中国帰国者支援交流会

 八尾市中国帰国者支援交流会は、中国帰国者とその家族の日本語を学びたい、という思いを支援するために2012年4月より楽々日本語教室としてスタートし、教室に通う人たちとの親睦、料理を通じて日本人との交流、地域のイベントへの参加などを行っています。
演目:ヤンコー
 ヤンコーは田植え歌として、もともと陜西、山西、河北、チャハルなどの地に各種各様の形式で存在していたもので、豊年祭りや一般娯楽として盛んに行われ、農民大衆に親しまれてきたものです。どらや太鼓に合わせて、歌いながら踊る民間舞踊で節句や祝い事のときに行われます。

 

 

 

 

石田ジラターさん

 日本人のご主人と結婚を機に来日。現在はタイマッサージの技術指導を行っています。お子さん、お孫さんまでおられます。
演目:タイの歌

 

 

 

八尾ベトナム人会

  八尾ベトナム人会は、八尾に住むベトナム人が集まってつくった会です。ベトナム人と地域の住民との交流を目的とした旧正月を祝う「ベトナムテト」等のイベントを開催しています。また、ベトナム人同士の助け合い、親睦をはかる取り組みなども行っています。会のメンバーと子どもたちが、ベトナムの歌を披露します。
演目:ベトナムの歌

 

 

 

 

 


大阪府立八尾北高校多文化共生部オアシス

 八尾北高校多文化共生部オアシスは「中国帰国生徒および外国人生徒のための入試」で入学した生徒の集う場所です。現在、オアシス部は30人ほどで活動しています。中国をはじめベトナム、フィリピン、ネパールから来た生徒たちは個性あふれるメンバーで、毎日楽しく活動しています!
1年間を通して多くの交流会に参加しています。文化祭などの校内活動以外にも、八尾市の野遊祭、羽曳野市のふれあい祭、ミート・ミートフェアにも頑張って参加しています。なかでも文化祭は一番大きなイベントで、人の心に響くパフォーマンスをするために、男子は獅子舞、女子は民族舞踊といった練習に励んでいます。日本語と母語を学習するとともに、自国の文化に触れる活動にとりくみ 力強く生きていく力を育んでいます。

演目:獅子舞

 中国獅子舞は「駆く邪じゃと降こう福ふく」の象徴として、お正月、結婚式、新開店などのときにかならず獅子舞をお祝いとして披露される、中国古くから伝わっている伝統芸能です。

 中国の獅子舞は人々に福をもたらし、邪の気を払うと信じられています。まさに祝事には欠かすことのできない伝統芸能となっています。
 今回、獅子舞で舞われる獅子は5頭の南方獅子です。南方獅子舞は中国式武術「工夫」(かんふ)が基礎となっています。南方獅子の可愛さなどを賑やかな雰囲気の中で迫力に溢れる音楽に合わせて静かな姿勢から、急に激しい舞へと変わるあの躍動感やくどうかん、迫力はくりょくあるアクロバティックな演技を披露します。

 皆さんに幸福を運んでくることを祈りつつ獅子舞を踊ります。
 獅子舞は、4曲のうち1曲は、オリエント調の曲ですが、それを女子生徒が可愛く舞を披露しますので、是非ご覧下さい。
 八尾北高校多文化共生部オアシス1年生・2年生・3年生によるパフォーマンスです。

 

 


りゅうりゅうフルス吹奏楽団

 中国民族楽器葫蘆絲(フルス)は、雲南省タイ族から伝わり、男性が女性への求愛に用いられていました。やがて中国全土に伝わりとてもポピュラーな楽器として親しまれています。今日はフルスの癒やされる優しい音色にあわせて歌を披露します。

 

CAPプロジェクトやお

 私たちCAP(キャップ)プロジェクトやおは、「子どもへの暴力防止」の人権教育プログラムを子どもに届けています。人権のまもられる街、八尾市を作っていけるように願いを込めて、八尾市の人権マスコット(ひゅーペン)と一緒に楽しいダンスを踊ります!皆も一緒に踊りましょう~!

 

 

FACE

 NGO LE NGOC ANHと神田寛貴によるユニット。
演目:歌

 


八尾いきいき歌体操

  寝たきりに「ならない させない つくらない」のスローガンのもとに歌体操ボランティア活動30年目になります。最初に大声で歌を歌った後、深呼吸して頭の体操や歌に合わせて身体を動かします。「どこでもだれでも」OK!楽しみながら健康増進。老化防止に歌体操で多くの人たちとの出会い、ふれ合いの中、生きる喜びを実感しています。

演目:歌体操

 

 

高美中学校 ヒューマンライツクラブ

 わたしたち、高美中学校ヒューマンライツクラブは、外国にルーツのある仲間を中心に、いろいろな国の文化や遊びにふれたり、校外に出かけたりして、学びを深めたりしています。また、校内でも、日本と外国の架け橋となれるように、さまざまな機会に活動の発信を続けています。

 

 今日は、日頃の練習の成果を発揮し、ベトナムの太鼓のリズムで、韓国・朝鮮の太鼓をたたき、互いの文化を融合させた演奏を披露します。